鬱病の保健師(看護師)かおりのうつうつ日記

反復性鬱病になってしまった保健師兼看護師のかおりが、治療を続ける日々の出来事を綴ります。

☆鬱病の保健師(看護師)かおりのうつうつ日記へようこそ☆

引越しのお知らせ!!
http://kaori.makizou.com/
に引越しをしました。ブックマークの変更をお願いいたします。

反復性うつ病を抱えつつも、産業保健師に復帰することを目標にがんばる日常を綴っています。
近々、カテゴリを見直し、病気関連の記事を見やすく分かりやすくする予定(は未定)。
皆様、のんびり遊んでいって下さいね♪

1

こんばんは。かおりです

私はただ今、主人におんぶに抱っこで、毎日が日曜日なわけですが…
たま〜に「何か私にもできる、お仕事はないかな〜?」って思うこともあるのです。

とりあえず、「在宅での保健師業務」っていうのがあるのを見つけているので、最初はそれからかなぁと思ってはいるのですが。
ちなみに、「在宅で」というのは、主に電話を使った、各種健診・検診のフォローアップなどなど。
ただ、一口に「在宅」とは言っても、出社しないとならないことも、多少はあるよね。
半年くらい前に、主治医に話してみたら、「外で働くのはねぇ… 『在宅で、メールを使って』っていうのがあると良いかもね」とは、一応おっしゃってくださいました。

が。
今日、再び、お仕事復帰へ、また挫折してしまいました…
「再び」ということは、そう、前回もあるのです





まず前回。

iPhone5sが発売されて、すぐに、それを手にすることができたのですが…
問題は、契約時に発生しました。

ケータイを契約するにあたり、いろいろと説明をしてもらったり、書類を書かなければなりませんよね。
で、説明してもらっているんだけど、何を言われているのか、さっぱり。
頭の中が真っ白で、何を言っているのか、わからないの。
少々疲れていたこともあるかもしれないけど(と思いたい)、それにしても酷すぎ。
書類を書くにも、記入指示の字(もちろん、簡単な日本語)が読めなくて、どこに何を書くのか分からない…
主人が一緒にいたから、何とか契約してきたけど、ホント、泣きたいくらいに情けなかった…
私1人だったら、契約できずに返させられるところでした。

そんなわけで、「ケータイの契約すらできないようじゃ、働けないよ…」と挫折。





で、今回。

自宅内での、ケータイの音声通話が芳しくないので、今日、電波状況を調べに来てもらいました。
ケータイ屋さん(?)が、いろいろ説明してくれるんだけど、頭の中がぐるぐるして、半分も分からず。
たまたま主人がいたから、なんとかなったけど、1人だったら、かなりやばかった…
ケータイ屋さんが滞在したのは、1時間強なんだけど、お帰りになったら、疲れてぐったり。
今後のやり取りは、自分にはムリだと判断して、主人にお願いしました。

というわけで、今回も挫折。





こういうことが続くと、やっぱり自信喪失しちゃいます。
前に主治医に「自信を失っちゃうのが怖いんだよね」って言われたことがあるけど、ホントそんな感じ。

まぁ、今のところ、急いでお仕事を探さなくちゃならないわけでもないので、お仕事のことは保留にすることにします。
これ以上考えても、どつぼに填まる一方なような気がするし。





「働く」って当たり前のことのように思うけど、すごいことなんだなぁって、改めて思いました。
ありがと、おっと

1

こんにちは。かおりです

めずらしく、2日続けての投稿
毎日…は、ムリっぽいけど、せめて週イチくらいは、続けたい…





今回のお題は、子供のこと。

ウチは、結婚11年目ですが、子供はいません。
うつ病を発症する前のライフプランでは、20代のうちに出産する予定でした。
ところが、28歳の時にうつ病発症。
自分の面倒すら見られない状態なので、子供なんてもてません。
お薬も飲んでいるしね。

「薬くらい飲んでいたって、気分が安定しているんなら、良いじゃん。がんばって子供を産みなよ」と知人に言われたりもしたけど、妊娠・授乳中は、お薬は厳禁
気分も安定してない…
それに、がんばって産むものでもないような気がする…
まぁ、考え方は人それぞれだから、そう思う方もいるよね。

主人は子供好きなので、申し訳ないと思うのですが、こればっかりはね…
あと、主人の実家に行くと、肩身が狭いんだけど、自分が原因なので、しょうがないよね…





発症してから、「早く子供を産まなきゃ」と、とても焦っていて、ずっと気持ちだけが空回り。
だけど、最近「子供がいない生活でも良いかな」と思えるようになり、ずいぶん気持ちが楽になりました。
でも、周りに「子供は?」と言われる度に、心が揺れる自分がいたりもします。

子供がいれば、大変だとは思うけど、喜びもいっぱいだし、楽しいのかな、とも思うんだけど。
難しいね。

1

こんばんは。かおりです

前回の更新から、またしても3ヶ月も経ってしまいました…
呆れるほど更新しないこのblogにも関わらず、遊びに来て下さる皆様、お久しぶりです
そして、初めましての皆様、初めまして
(↑最近、毎回書いている気がする…

前回更新してから、何だかんだと、バタバタしてて。
(↑これも、毎回書いている気がする…
「あ、これを書こう」とか思うネタは色々あったんだけど、なかなか書けず…
毎日が日曜日のはずなんだけど…
困ったもんだ





さてさて。
精神的には、どんな感じかというと。
良かったり、悪かったり…うーん、どちらかと言えば、低空飛行

特に、10月の後半が酷かった
朝、目が覚めても、やる気が出ない、身体が重い・だるい…で、起きられなくて。
でも、朝食を作って、主人を送り出さなくちゃならないから、体を引きずるように起き出して。
何とか、主人を送り出したら、ベッドに直行。
そして、夕方までダラダラとお昼寝(?)。
ようやく、少々スイッチが入って、家事始動。
フラフラしながら、お洗濯・夕食作り。
お掃除は、カット。
夕食も、冷蔵庫にあるもので終わりっ。
主人が帰ってきて、夕食を食べて、食洗機にセットしたら、その日の営業(笑)は、終了〜☆
そそくさとベッドに戻って、はい、オヤスミ。
…はやっ

そんな日を10日間ほど繰り返しました。
今までは、どんなに調子が悪くても起きられたのに、起きられず。
やる気がなくても頑張っていたのに、がんばれず。

でもね。
前の私は、調子が悪くても、休むことに罪悪感があって、休めなかったの。
ところが、「ベッドに入って休む」という選択肢が選べるようになったの。
これは、喜ぶべき進歩
カウンセラーさんにも、褒められ(?)ました。





で、なんで、そんなに調子が悪くなってしまったか…
倒れている間は、ぜんっぜん分からなかったんだけど。
お月様が来たら(と書けば、分かるんだろうか… 直球で書くと、引く方もいそうだし)、8割くらい治まっちゃいました

今まで、こんなことはなかったから、考えもしなかったのよぅ。
周期はバラバラ、痛みもハンパないため、お薬を飲んでコントロールしているので(それでも、周期はあやしく、痛みもアリ)、「こんなのあり〜」っていう感じ…
ま、原因は分かったので、また次回同じ事が起きたら、もう少しまともな対処ができるかな。
とはいえ、毎日が日曜日な私だから良いけど、働いていたら寝込んでいられないよねぇ…
医師に相談しないと。





また、ここ1週間くらい気持ちが沈みがちなんだけど、まぁ何とか過ごしています。

そうそう、10月から、レコーディング・ダイエットを始めました〜
自分の醜態をさらすことにより、痩せ用途という企みの元、ダイエットblogをやっていたんだけど、効果なく。
そこで、ネットでダイエットノートを探して、印刷して、アナログ方式で記録しています。
始めてから1ヶ月半が経ったんだけど、なかなか効果アリ
「ダイエットの秋」な方、お試しあれ。

こんばんは。かおりです

いつも遊びに来て下さっている皆様、お久しぶりです
初めましての皆様、初めまして

前回の更新から、2ヶ月半も経ってしまいました
更新しよう、しようと思いながら、気付いてみれば、こんなに。
ずっと調子が悪かったり、家のことでバタバタしたりで

これからも、気長に付き合いくださいね





さて、本題。
(だいぶ前ですが)ヘルプマーク&ヘルプカードを頂きました。
まぁ、簡単に言えば、「目に見えない障害があるから、いざという時、助けてね」マーク。

CIMG5853ヘルプマークは、妊婦マークみたいに、かばんにつける物です。
都営大江戸線の駅でもらえます。
しかし…妊婦マークの2.5倍くらいのサイズ。
で、でかい
電車の中で、立っているのがつらい方などが、使えるようです。
人混みとかダメなので、電車で倒れそうな時に使わせてくださいね。

CIMG5854お次は、ヘルプカード。
こちらは、緊急時の連絡先や、困っていることを書いて携帯できるカードです。
蛇腹式で折りたたむと、名刺サイズになります。
各自治体でもらえるようで、私は保健所で頂きました。
連絡先などを記入するだけでなく、災害時などの非常時に助けて欲しい方も使えます。
私に関して言えば、非常時に配給の列などに並ぶのがつらいので、カードを見せて「助けて下さい」…的な使い方ができるそうです。
ネックストラップなども一緒にもらえたのですが、そこまでは必要としていないので、障害者手帳に入れておこうかなと、思っています。





私なんかは、大した障害じゃないけど、世の中には、大勢助けを求めている方がいらっしゃると思います。
今回の記事を読んで、ヘルプマーク&ヘルプカードについて、知ってもらえればうれしいです

2

こんにちは。かおりです

先日の記事にも書いたとおり、28日は終日、義妹&甥っ子のヘルプに行って来ました。

実は、24日にお手伝いに行った後、疲れが抜けなくて、毎日朝からぐったり。
なので、正直なところ、行きたくなかったのですが、母が留守なので、義妹&甥っ子だけにするわけにも行かず…
何とか、がんばって行って来ました





24日にお手伝いに行った時は、義妹の母乳が十分でなくて、授乳が大変なことになっていました(母乳+人工栄養)。
でも、28日に行ったときには、母乳が十分出るようになったそうで、人工栄養は必要なくなっていました。

また、産後1週間が経ち、身体的にも落ち着いてきていたようで、一安心。

私の仕事は、布オムツの片付け、昼食の準備、義妹が困ったときのヘルプくらい。
24日のバタバタが終日続くと覚悟して行ったので、思いの外気楽に

お手伝いが楽になったので、母が帰ってきてから困らないように、洗濯物を干したり畳んだり、食器を洗ったり…くらいは、自発的にやったけど。
(母が夜帰ってきて、喜んでくれました





この日に一番大変だったのは、お昼過ぎにいったん帰宅した母の、愚痴を延々1時間以上も聞いたこと。
どこの家でもそうだと思うけど、嫁姑の関係は、一筋縄ではいかないんだなぁと。
まぁ、お互い違う環境で育ってきたんだから、しょうが無いよね、とは思うんだけどね〜。

私は、主人の実家に、1年に1回くらいしか行かないので(しかも日帰り)、嫁姑の確執云々には発展していないと思うけど…
お義母さんは、優しいしね。
しかし、私の病気が病気なので、主人曰く「腫れ物に触るように関わってくれている」そうな





母が夜帰ってきて。
夕食用に買ってきてもらった食品を受け取って、無事帰宅

私は気疲れしたのか、大したことはしていないけど、くたくた。
主人が帰ってきて、食品を温めるだけで良かったんだけど、それすらできなくて、主人任せに。
お仕事で疲れているのに、ゴメン、おっと





翌日29日は、精神科の受診日だったんだけど、朝からぐったり。
精神的にもかなりキテて、主治医が「注射しようか」と。
今年に入って、ずっと注射ナシでがんばっていたけど、セルシンを筋注してもらいました。

一時期、毎週打っていたせいで、筋肉が硬くなって、腕に注射液が入らなくなってしまったので、お尻に打っていたこともありました。
でも、久しぶりなこともあって、無事に腕に注射。
お尻に打ってもらうのは、やっぱり、恥ずかしいしねぇ。





毎週水曜日は、カウンセリングの日でもあるんだけど、29日は予約が取れなかったので、お休みでした。
でも、予約が取れなくて、良かったよ…
かなりヘロヘロだったので、片道2時間かけていくのは、キビシいものがあったので。





なかなか疲れが取れなくて、今日も朝からぐったり。
明日は大学病院へ行くので、せめて今日よりは疲れが取れていると良いんだけど…

このページのトップヘ