鬱病の保健師(看護師)かおりのうつうつ日記

反復性鬱病になってしまった保健師兼看護師のかおりが、治療を続ける日々の出来事を綴ります。

タグ:保健師

こんにちは。かおりです

退院日は、6/2になりました。
いや、一週間くらい前に決まっていたんだけど、書きそびれてました
「退院が決まると調子が悪くなる」って良く聞くけど、あまりそんな感じはないなぁ。
入院して2ヶ月半以上も経ったし、そもそも入院時よりはるかに調子が良いから、
退院が決まったことの方がうれしいかも。





「退院後、今入院している病院に通院しても良いかなー」って思ったんだけど、
紹介元の開業医の元に戻ることになりました。

で、主治医とか、看護師さんとか、精神保健福祉士(PSW)さんとかと
いろいろ話したんだけど、
退院後家にこもっちゃうと、やっぱりあんまり良くないだろうということで、
外で活動できる場を探すことに。
でも、復職支援のデイケアは、さすがにちょっとムリなので、
生活リズムを整えたり、対人関係をうまくできるようになるような
デイケアとかの通所施設が良いのではないかと言うことになりました。

紹介元のクリニックには、
復職支援のデイケアの他に、生活リズムを整えるデイケアもあるので
そこに通おうと思ったのですが…
PSWさんが一応調べてくれたら、
生活リズムのデイケアの方は3月で終了しちゃったとのこと
えーーーーーーーっっっ

ということで、急遽地元の保健センターに連絡を取ってくれて、
自宅地区担当の保健師さんに、話を繋げてくれました。
自分で話を持って行くのは結構大変なので、
PSWさんが自発的にやってくれて、ホントありがたかったです。

退院後、保健師さんに会いに行って、
利用できるサービスとかのお話を伺いに行くことになりました。
これのアポ取りは、リハビリを兼ねてってことで、私が電話をしたのですが、
とっても感じの良い保健師さんだったので、良かったですー。
お電話するのは、すっっっっっっごい緊張しましたけど

退院後の身の回りの環境を整えてくれるので、なんだかとっても、ありがたいです。





そういえば、外に向けた心の準備はしているけど、
家の中のこともやらなくちゃ、なんだよね。

3週間に一度くらい外泊しているから、
なんとなく家の中の様子は分かるんだけど、
外泊時は、主人に家事を任せきりで、私はゴロゴロしているので…
退院したら、ちゃんとやらなくちゃだなー。

やることリストでも作っておいた方が良さそうだ。





今朝は、起きたときから何となく調子が悪くて。
院内の散歩に行くのも面倒だなーって思ったんだけど、
ちょっとムリして行ったら、気分が上がってきました。
(主人とお電話しながら散歩したってのも、あるけど)

週の半分以上は散歩しているんだけど、
病院の敷地内は森で(笑)、
季節によって景色が変わるので、飽きないです。





もうすぐ退院。
楽しみだなー

こんばんは。かおりです

まずは、先日のBlogに書いた、主治医への相談の結果について。

在宅ワークに向けて、勉強を開始しようと思っていることについて
条件付きで、OKが出ました
条件というのは、在宅ワークに向けて準備を始めても良いけど、
調子が悪くなってきたら一時止めて、休むと言うこと。
私は天の邪鬼なので、
調子が悪くなってくると、かえってどんどん休めなくなってしまうため、
「ちょっと疲れたなぁ」と思ったら、すぐに休むことにしようと思います。

勉強は、一般的な病気の勉強からかなー。
国試を受けるときに、過去問題集の他に一冊だけ買った本
「看護師・看護学生のためのレビューブック」というのがあって、
とても使いやすかったので、まだとってあるんだけど、
なにしろ15年前の本なので
↑の2016年版を買うか、もっと良いのがあるか、
明日お出かけをするので、本屋さんで見てこようと思います。

別の精神科を受診してみようと思っていることについて
通院しているクリニックが、
「国立精神・神経医療研究センター」と提携しているので、
↑を受診してみたい旨を主治医に話しました。
すると、あっさり
「良いよー」
と。
ちょっと拍子抜け
「受診するにあたり、準備する物があるから、ちょっと時間を頂戴」
と言われたので、受診するまでに時間が掛かるのかなーと思ったら、
翌日電話が掛かってきて、
「1月25日に予約が取れたから」
と。はやっ
ちょっと遠いので通院は大変ですが、新しい検査や治療法があるみたいなので、
しっかり診てもらおうと思います。





6年くらい前に、フライバーグ病の手術をした大学病院から、
今日、近所の大学病院に転院しました。
診てもらったのは、両足と、両膝の痛み。
今は、右足の外反母趾と、左膝が一番痛いです。
両膝とも変形性膝関節症が年齢の割に進んでいて、
左膝は、たぶん半月板損傷しているね、と。
あー、右膝だけじゃなくて、左膝も損傷しちゃったよ
で、足底板作製と靴底の細工が決まりました。

…とここまでは良かった(?)のですが、
新たに骨の変形が発覚

右足の中指の骨が、えぐれたようになっていました。
フライバーグ病の手術をした周辺が時々痛いんだけど、
どこが痛いのかよく分からなかったのですが、やっと判明。
そういえば、原因を聞くのを忘れた…
次回聞いてみよう。

問題は、今は骨の変形が、先端くらいで手術しにくいから様子見だけど、
経過を見ていって、進行していったら、手術ということ。
あー、また入院・手術かぁ。
手術するの、右半身ばかりだよ…
まー、変形しちゃったんだから、しょうがないけどね。

それにしても、
 医師の診察:30分
 装具の相談:20分
みっちり時間をかけて、診察したり、お話を聞いてくれたりして、
とっても満足した診療内容でした。
でもでも、私の後に予約していた方、ごめんなさい





でぶっちょなのが、いろいろ影響しているのかな…
自転車で10分くらいの公営プールは修繕工事中で使えないので、
自転車で25分くらいの公営プールまで、がんばって行って、
水泳でダイエットしないとなー。
ホントに…





ここから下は、心の準備ができた方だけ読んでね。




続きを読む

2016年 あけましておめでとうございます。かおりです

お久しぶりの方は、お久しぶりです
初めましての方は、初めまして
(ここ数年、お正月にしか記事を書かないから、毎年言っている気がする…

皆様は、どんな新年迎えられていらっしゃいますか?
私は主人と、
 2015年最後の夕日を、日の出山にて鑑賞
 2016年カウントダウン&初詣を、武蔵御嶽神社にて楽しむ
 2016年初日の出を、日の出山にて鑑賞
 (↑の合間を、駒鳥山荘という山荘で、食事を食べたり寝たりする)
という過ごし方でした。
とっても楽しい時間でしたー

以前なら、「人混みダメー」とか「初めましての場所はダメー」とか言っていたのに、
楽しく過ごせるなんて、成長したもんだ。うんうん。





毎年、「今年の目標〜」とか言っているけど、実現しないので
今年は宣言するのを止めておきます…(遠い目)

ただ、在宅での保健師業務(特定保健指導)に就けるように、
少しずつお勉強を始めたいな、とは思っています。
保健師として働いていたときに、保健指導とか健康相談とかしていたし、
そういう方面でお仕事をしたいなーと考えているんだけど、
10年以上もブランクが空いちゃったので、忘れちゃったことも多いしね−。

なんで在宅かというと、
調子が良いときと悪いときの波がまだまだあるんだけど、
調子が良いときが増えてきたので、
在宅ワークなら、自分の調子も見ながら働くことができるから、
それなら少しずつ始められるかなーと。
「いついつまでに開始する」とか決めちゃうと、
プレッシャーにおしつぶされかねないので、
あえていつ開始するとかは決めないけど。

東京都ナースプラザでの、無料研修会にも行きたいんだけど、
日にちが決まっているのがネックなのと
(↑日にちが決まったとたんに、緊張しすぎて具合が悪くなる)、
就職相談をしないと申し込めないらしいので、ちょっと難しいかなー。

まぁ、少しずつ考えていきます。
それに、主治医にも、そう考えていることを伝えないとね。





かかりつけの精神科ですが、もう長いこと同じ医師に診てもらっているので、
提携先の大きい病院を紹介してもらって、行ってみたいなーって思っています。
新しい眼で見てもらうのも良いと思うし、新しい治療方法もあるみたいだし。

これは、次回の診察の時に、主治医に相談してみるつもりです。





2月に、叔母・母・私の女3人で、台湾に行くことになりました。
母は「女子会ー」って言っているけど、どちらかというと、
「おばば会」です
主人には「オレは、1回も海外に行ったことがないのに、ずるい」とか
言われましたが…
確かにその通りです、すみませんオット
次回こそ、一緒に海外旅行に行きましょう、オット。

主治医には了解を取っていて、
あとは英文診断書を書いてもらわないとなりません。
海外に精神のお薬を持って行くのは、ちょっとややこしいのだよ。
アメリカ持ち込み禁止のお薬とか飲んでいるし。






口唇ヘルペスが痛いです…
子供の頃、よくできていて、オトナになってから出なくなっていたのに、
ここ半年で3回もできちゃったよ…
お正月が明けても治らなかったら、皮膚科で飲み薬をもらわないと

ではでは。

このページのトップヘ