鬱病の保健師(看護師)かおりのうつうつ日記

反復性鬱病になってしまった保健師兼看護師のかおりが、治療を続ける日々の出来事を綴ります。

タグ:海外

こんばんは。かおりです

今日「国立精神・神経医療研究センター 病院(長っっ)」の
「うつ病専門外来」を、受診してきましたー。





最寄りの駅に着くと…さびれてる…(近所の方、スミマセン

というか、西武新宿線に乗っているときから、
さびれてる…(ホントに、近所の方、スミマセン

病院に向かう道は、なんだか景色が茶色い…(ホントに、ホントに、近所の方、スミマセン

病院は、まさかボロっちかったりして???

という不安を胸に病院の敷地に入ると、
…広っっっ。
病院は、超キレイ

良かったーーー

そして、病院の職員さんたち、感じがとっても良い

良かったーーーーーー





でもね。でもね。
昨日の夕方から、一気に調子が悪くなって、大騒ぎ。

あーーー、どうしようどうしよう。
緊張するっっっ。

離人感(?)もあって、床が坂道になっているような感じがする…

その結果、夜は一睡もできず、朝を迎えたのでした。





今日になって、ますます調子が悪くなって、
主人が「一緒に行ってあげようか?」って何回も言ってくれたけど、
「1人でがんばって行ってくる」とムリする私。

ホントは、付いてきて欲しいよー。
でも、そうじゃなくても主人自身の病気で有休をいっぱい使っているのに、
私のために使わせるなんて、できないっっっ。





そんなわけで、1人で出かけたは良いものの…
緊張しすぎて、吐きそう…

通勤ラッシュより少し手前に出かけたから、シートに座れたけど、
立ってたら、絶対倒れてたよ…

で、1時間半くらいで到着できる行程なのに、
2時間かかってようやく到着したのでした。





問診をいろいろ書いて…
朝イチで予約を入れたはずなのに、なぜか30分も時間は押したけど…

主治医になって下さった医師は、
とても親身になって話を聞いて下さって(70分も
ガチガチに緊張しまくっていたけど、
話し終わる頃に、ようやく、少し緊張が解けてきました。





話は、どんな目的で受診しに来たか…というところから、
今までの病歴や家族構成、生育歴なんかにも話が及んで…
あと、何のお薬を飲んでも効いている感じがしない、ということとか。

それから、
医師:今、点数を付けるとしたら、何点?
私:(かなり悩んで)ー50点
医師:じゃあ、一番悪かったときは?
私:ー100点
医師:じゃあ、どんな時が100点?
私:家事が難なくこなせて、働ける状態
医師:………どうやったら、100点になるんだろうね?
相当、医師も困ってたようで

で、「気分変調症かなぁ… 診断基準に当てはめてみないと詳しくは分からないけど」
という、とりあえずの診断。
(検査とか、してないからね)

で、今後の治療方針の話になって、
「修正型電気けいれん療法(mECT)」を受けることになりました。
あと、お薬をあまりにガチャガチャ飲み過ぎなので、
シンプルにまとめることに。

そんなわけで、数ヶ月入院することになりました。





入院時期は、ベッドの回転にもよるので、
病棟見学をしながら、病棟師長さんと相談。
師長さんは男性なんだけど、とっても優しいー感じで、スローで、良い感じ

で、師長さんに「来週、入院するのはどうですかー?」って言われて、
「…じ、実は…
精神科の入院前に、海外旅行に行く私って…
はずかしいというか、何というか…

まぁ、師長さんに「楽しんできて下さいねー」って言ってもらえたので、
良かったかな???

そんなわけで、入院は「3月9日以降の、早い日で」ってことになりました。





精神科は、all個室の病院なので、差額ベッド料が発生するのですが…
病棟見学の時に、お部屋を見せてもらって…
広っっっ。
でも、とっても落ち着く感じ
これなら、ゆっくりできそう





そんなこんなで、バタバターと話が進んで行き…
何とかお会計を済ませて…

もうムリ。
院内のコーヒーショップで休むっっっ。

ちょうど、主人のお昼コールの時間だし

で、お昼コールがかかってきて、ひたすらしゃべり倒す私。
(LINEで、ちょいちょい、進捗状況は報告してたけど

さて、お昼コールが終わり、コーヒーを飲んで、帰ったのでした。

えぇ、帰りも緊張で、ガチガチでしたけど。





旅行の用意もまだしてないのに(23日出発なのに)
入院の用意もしないとならず…
バタバターな毎日になっていきそうな予感。

まぁ、小出しにされるよりは、まとめて片付けるタイプなので、
かえって良いかなー。





ここから先は、少し心の準備をしてね。


続きを読む

おはようございます。かおりです

少し前の話ですが…
1月17日に、突然腰痛を起こし…
1月18日に、足の装具の仮合わせをし、
1月23日に、装具が完成しました。





腰痛は、特に重い物を持ったとか、無理な体勢を取ったとかじゃないんだけど、
17日に実家の片づけを手伝ったいる時に、突然「痛っっっ」と。
筋肉の問題かなーと思いつつも、
翌日(18日)に、装具の仮あわせで病院に行くことになっていたので、
ついでに診てもらうことに。

歩くのもやっとで、ぎこちない動きをしていたようで、
問診を書かなくちゃいけなかったんだけど、
事務の方が「代筆しますねー」と、
率先して言ってくれて、代筆して下さいました。
実際のところ、座っているのもつらかったので、助かったー。

診察に入ると、医師にいろいろと足を動かしたり、腰をひねったりして、
動く度に、ギャーギャー騒ぐ私

「レントゲンを撮ってきてー」と言われて、何とか撮ってきて戻ってきたら、
「ヘルニアって、ここの骨が出るんだけどね。
そこまでじゃないけど、ヘルニアの症状だよ。
サポーターとか、コルセットとかして、とにかく安静にしてて」
と言われました。

えー、筋肉の問題じゃないのー???





ウチに帰ってきて、あまりに動けなくて、寝てたり
(しかし、横を向いて寝られなくて、仰向けになれるだけ)、
楽なポジションに座椅子の角度を調えて、座ったり。

19日にいろいろやろうと思って、やることをためていたんだけど、
あまりの動けなさに、母に手伝いに来てもらって、
いろいろお使いを頼みました





10日ほどかかって、ようやく治まったんだけど…
昨日(2月8日)に、腰痛再発

やばい…
23日から台湾旅行。
早く治さなくては

そうそう、台湾旅行はね。
地震があって、どうかなーって思っていて、旅行社に問い合わせてみたら、
「報道ではマンション倒壊とか流れているけど、
観光地や、交通は特に問題ないから、催行します」
とのこと。
良かったーーー。





さて。
足の装具が完成して、さっそく履いているんだけど、とっても楽
外反母趾とか、フライバーグ病とか、骨の変形とか、
いろいろ足の病気を抱えているんだけど(なさけない…)、
ほとんど痛くないー。
お金は掛かったけど、作って良かったです





装具のポイントは2つ。
ソールの作製
靴底の作製

ソールは、足の形を補整すると、痛みが軽減するので、
私の足の型に合わせて、部分的に山型になっている物。

靴底は、足の指に力を入れて歩かなければ、痛みが軽減するので、
コロンと軽い力で、歩くことできるように、整形されている物。

靴自体は、市販されている物を購入して、直した物を使います。
靴も、良い物を教えて頂いて、それを購入したんだけど、
予め言われていたとおり、蛍光色(笑)
まー、カワイイ色だし、何より痛くない方をとりたいので、
迷わず購入しました。





最近、BDに保存しておきたいTV番組が目白押しで。
我ながら、オタクだなーと思う、今日この頃。
そのあたりを理解してくれるオットで良かったー(笑)

2016年 あけましておめでとうございます。かおりです

お久しぶりの方は、お久しぶりです
初めましての方は、初めまして
(ここ数年、お正月にしか記事を書かないから、毎年言っている気がする…

皆様は、どんな新年迎えられていらっしゃいますか?
私は主人と、
 2015年最後の夕日を、日の出山にて鑑賞
 2016年カウントダウン&初詣を、武蔵御嶽神社にて楽しむ
 2016年初日の出を、日の出山にて鑑賞
 (↑の合間を、駒鳥山荘という山荘で、食事を食べたり寝たりする)
という過ごし方でした。
とっても楽しい時間でしたー

以前なら、「人混みダメー」とか「初めましての場所はダメー」とか言っていたのに、
楽しく過ごせるなんて、成長したもんだ。うんうん。





毎年、「今年の目標〜」とか言っているけど、実現しないので
今年は宣言するのを止めておきます…(遠い目)

ただ、在宅での保健師業務(特定保健指導)に就けるように、
少しずつお勉強を始めたいな、とは思っています。
保健師として働いていたときに、保健指導とか健康相談とかしていたし、
そういう方面でお仕事をしたいなーと考えているんだけど、
10年以上もブランクが空いちゃったので、忘れちゃったことも多いしね−。

なんで在宅かというと、
調子が良いときと悪いときの波がまだまだあるんだけど、
調子が良いときが増えてきたので、
在宅ワークなら、自分の調子も見ながら働くことができるから、
それなら少しずつ始められるかなーと。
「いついつまでに開始する」とか決めちゃうと、
プレッシャーにおしつぶされかねないので、
あえていつ開始するとかは決めないけど。

東京都ナースプラザでの、無料研修会にも行きたいんだけど、
日にちが決まっているのがネックなのと
(↑日にちが決まったとたんに、緊張しすぎて具合が悪くなる)、
就職相談をしないと申し込めないらしいので、ちょっと難しいかなー。

まぁ、少しずつ考えていきます。
それに、主治医にも、そう考えていることを伝えないとね。





かかりつけの精神科ですが、もう長いこと同じ医師に診てもらっているので、
提携先の大きい病院を紹介してもらって、行ってみたいなーって思っています。
新しい眼で見てもらうのも良いと思うし、新しい治療方法もあるみたいだし。

これは、次回の診察の時に、主治医に相談してみるつもりです。





2月に、叔母・母・私の女3人で、台湾に行くことになりました。
母は「女子会ー」って言っているけど、どちらかというと、
「おばば会」です
主人には「オレは、1回も海外に行ったことがないのに、ずるい」とか
言われましたが…
確かにその通りです、すみませんオット
次回こそ、一緒に海外旅行に行きましょう、オット。

主治医には了解を取っていて、
あとは英文診断書を書いてもらわないとなりません。
海外に精神のお薬を持って行くのは、ちょっとややこしいのだよ。
アメリカ持ち込み禁止のお薬とか飲んでいるし。






口唇ヘルペスが痛いです…
子供の頃、よくできていて、オトナになってから出なくなっていたのに、
ここ半年で3回もできちゃったよ…
お正月が明けても治らなかったら、皮膚科で飲み薬をもらわないと

ではでは。

このページのトップヘ